足底腱膜炎と踵骨棘

 

Overview

足底腱膜炎と踵骨棘は足の裏の真ん中から踵にかけて痛みを生じる障害でスポーツ選手たけでなく、一般の方にもよく見られます。

この痛みは、起床時の立ち上がった時の刺すような痛みが強く現れ、時間とともにその症状が緩解するのが特徴です。

 

原因
足の裏には強靭な腱膜(足底腱膜)が踵から足指の根元にかけて走っており、この強靭な腱膜が足の裏のアーチを形成し歩いたり走ったりする時に、ふくらはぎの筋力をつま先に伝導する働きを担っています。

 
足底のアーチが異常に低いタイプ(扁平足)は足底腱膜に大きな負担がかかり、その結果足底腱膜に炎症とスパズム(異常緊張)が発生します、この状態が足底腱膜炎です。

他の原因は、あわない靴の使用・ハイヒール・長時間の立ち仕事・使い過ぎ・肥満・すり減った靴等もあります。
足底腱膜炎が長期間にわたり続いたり、足底腱膜のスパズムが継続するとそのテンション(牽引力)が踵の骨にかかり、骨の増殖異常を起こします。

これが踵骨棘で、踵の骨(踵骨)に棘(とげ)のような骨が増殖し、炎症と痛みを引き起こします。

 

左:正常、右:踵骨棘
左:正常、右:踵骨棘

 

治療とエクササイズ 

足の裏のアーチにかかる負担を軽減することが重要な対応方法で、テーピングやインソール(靴底サポーター)がその役割を果たします。
かく個人のアーチを矯正するインソールが必要となりますので、アーチのタイプや普段使っている靴にあったインソールを作成し、購入していただく事をお勧め致しております。(5002,000円)

他にも、症状を抑えるため、アイシングや休息・練習方法の変更等もおこないます。
症状が非常に強い時は、抗炎症剤や痛み止めをスポーツドクターは処方します。

ステロイド注射で痛みを軽減する方法もありますが、注射のタイミングと回数には充分な配慮が必要です。

エクササイズで足底腱膜の緊張を和らげ、効果的に症状を軽快できますのでアスリートでは積極的にエクササイズを進めております。

 

エクササイズ

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎの過緊張は足底腱膜炎を引き起こしますので、しっかりと緊張をとり除いてあげましょう。
膝を伸ばした状態と曲げた状態の両方を行ってください.

 

タオルストレッチ

タオルを使って、足底部とふくらはぎを伸ばしましょう!

やや負荷をかけてのストレッチ

階段やベンチを使ったストレッチ

膝を曲げた状態と伸ばした状態の両方

足底腱膜のストレッチ

つま先をたてた状態をキープ!

テニスボールやゴルフボールを使ってのマッサージ!

 

痛むところ

下の写真の三本の線に沿って痛むのは、足底腱膜炎
赤丸のところは踵骨棘

扁平足

踵骨棘:踵の骨から棘(トゲ)のような骨が出来てしまいます

ハイヒールは足底腱膜を緊張させますので、避けた方が良い

insole
insole
insole
insole

インソールによって踵からアキレス腱のラインを揃える事が必要です

Heel-achilles angle
Heel-achilles angle

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    いづみ (土曜日, 14 12月 2013 07:06)

    ボチボチランナーです。
    日々の励みとして走っていますが、足裏、特に左の踵付近が痛くてたまりません。今後、どうしたかいいのか。整骨院には行っています。

  • #2

    takahara (月曜日, 23 12月 2013 15:18)

    いづみ様
    シューズを持って、インソールやスポーツ障害の診察や治療のできる専門家に相談して下さいませ。痛くてたまらないようなんで、無理しないで休息もしてください。

  • #3

    はる (日曜日, 19 1月 2014 20:19)

    去年の10月ぐらいから両足踵が痛みだして仕事も出来ない状態です。
    立ち仕事なのですが働きはじめて暫くすると仕事に集中出来ないぐらい痛くなり帰る頃には休憩しながらでないと歩けないぐらい痛いです。あまりにも痛くて整形外科に行きレントゲンを取ったら踵から棘のように骨が出ていました。そのときは痛み止めを貰って踵の回りを包み込むようなクッション製のあるのを履くようにしてくださいと言われ、また痛くなるとも言われました、もう治らないのでしょうか?!

  • #4

    takahara (火曜日, 28 1月 2014 03:48)

    はる様
    大変痛むようですね。踵の骨から出ている棘が消えてなくなるような事はありませんが、痛みをコントロールして、痛まないようにはできるともいます。立ち仕事をされているようなんで、クッション性の良い靴で踵が安定しているものを履いて踵への衝撃を和らげてください。オーダーメイドの靴やインソールを作成してくれる靴屋さんもありますので、こちらもお勧めです。
    使いすぎると、悪化しますので、仕事以外でのアクティビティーはしばらくの間避けて頂いてはいかがでしょうか。