疲労回復と障害予防に半身浴と交代浴

筋肉疲労の回復と障害予防に半身浴と交代浴はとても効果的です。


半身浴:ややぬるいお湯(38〜40℃)に胸の辺りまで浸かる入浴方法で、のぼせにくいので比較的に長時間の入浴が可能となり、身体の深部まで暖めてくれ、全身の新陳代謝が活性化されます。

これによって、ハードな練習で疲れきった筋肉内に溜まった疲労物質(乳酸など)を、効率よく取り除く事で、筋肉疲労や筋肉痛、筋の張りを和らげてくれます。身体の深部まで暖まると、リンパ液の循環も良くなり、免疫機能が向上され、風邪やインフルエンザ、感染症を防ぐことにも有用です。

入浴剤も一緒にしていただけるとさらに効果あがります。

炭酸ガスによる血行の促進や、アロマのリラックス効果、重層による保温効果など、お気に入りを使って下さい。

 

半身浴の方法
38-40℃程度の温いお湯に胸の辺りまで浸かります。風呂の椅子やお湯の量で調節して下さい。お水を必ず持ち込んで喉が渇いたら水分補給をして頂くと、より気持ちのいい半身浴になります。(アルコール飲料はダメです)

雑誌や本、MP3などを持ち込んでお気に入りのリラックス空間を創造するのもいい方法です。

 

交代浴:一方交代浴は、身体を温める効果と、身体の知覚神経を刺激して、全身血管の働きを向上させる効果があり、筋肉内の血行を促進させます。

自律神経系も活発化され、生理機能を高める効果もあり、疲労回復、食欲増進なども高められます。

半身浴と交代浴は、スポーツ選手だけではなく、一般の方の疲労回復や新陳代謝の促進にとっても役だってくれますので、是非とも、この入浴方法を楽しんで、毎日の習慣にしていただきたいと思います。

 

交代浴の方法

42℃程度の熱めのお湯と、水風呂(または水シャワー)に交互に浸かります。
先ずは、お湯に3分肩まで浸かり、次に水風呂(水シャワー)を2分間(冬場は短めでもOKですよ)。これを約3回繰り返します。
入浴後には充分に水分補給をして下さいませ。(高血圧と心臓疾患のある方には、この方法は刺激が強すぎますので、避けて下さい。)

 



注意事項:はじめは、短い時間から試して下さい、そして徐々に時間を伸ばすように致しますと、ちょうど気持ちのいい長さの入浴を楽しんで頂けると思います。あと、高血圧症と心臓疾患のある方は、入浴中と入浴後のノボセには充分に注意して下さい。かかりつけ医に相談してから始める事をおすすめいたします。

急性期の外傷や障害がある方は、症状が悪化する可能性がありますので避けて下さい。