疲労骨折

 

疲労骨折とは…

骨折を起こすような大きな外力ではなく、ランニングやジャンプなど、通常のスポーツ動作で繰り返し加わる外力によって、骨に微小骨折が生じた状態です。疲労骨折の発生の誘因として急に練習量が増える時期や、久しぶりに運動を再開した新入生に発生しやすいことが特徴です。

 

疲労骨折の発生原因は主に2つ…

  • 通常運動による骨への外力は、筋肉や関節の緩衝作用によって軽減されていす。
    しかし疲労によってそういった緩衝作用がうまく働かなくなると、骨にかかる負荷が増加し、骨折にいたります。
  • 運動による反復した筋肉の収縮が骨を引っ張り、骨に折り曲げるような負荷が繰り返しかかり骨折にいたります。

 

 

【代表的な疲労骨折と好発競技】

疲労骨折は十分な筋力や柔軟性と、正しく効率的な身体の使い方が出来れば、ある程度防ぐことのできるスポーツ障害です。

逆にそういったことが不十分な場合は、同じ疲労骨折を繰り返します。

そのため適切なケアやリハビリ、トレーニングが非常に重要です。

また練習量の多い選手は、疲労を溜めないようにするための、セルフケアも必須です。

疲労骨折の中には難治性のものもあり、そういった場合は手術や長期間の運動中止が必要になるため、注意して下さい。


 

尺骨疲労骨折

 

  • 物を握って肘や手首を振る動作を多用する種目に発生。
    (剣道、ソフト、太鼓など)

  • 方形回内筋、深指屈筋、尺側手根屈筋の3つの筋肉の収縮力が、右の赤いラインの部分にストレスをかけ、疲労骨折を起こさせる。

  • 復帰目安 12ヶ月


 

恥骨疲労骨折

 

  • 腹直筋の牽引力と内転筋の牽引力が近い部分にかかり、そのストレスが繰り返されることにより、疲労骨折が起こる。

  • 股関節の硬さや筋力不足が原因で、屈曲方向の動作がうまくおこなえていないと起こりやすい。

 

 

 


 

脛骨疲労骨折

 

疾走型

  • 脛骨の上1/3や下1/3に発生。
  • 太ももの後ろやふくらはぎの筋肉の牽引力、ランニング時の着地の衝撃により発生。

  • 比較的短い期間の安静で復帰できることが多い。

 

跳躍型

  • 脛骨中1/3 に発生。
  • 多くが難治性であり、復帰までに非常に長い期間を要することが多い。

  • ジャンプ動作の多い種目の選手で、すねの前面中央部の痛みがある場合は要注意。

     

    復帰目安 疾走型 14ヶ月
    跳躍型 3ヶ月~数年


 

                            腓骨疲労骨折

 

疾走型

  • 腓骨の下1/3 に発生。
  • ランニングなどつま先で走る際の筋肉の収縮力が原因。

 

跳躍型

  • 腓骨上1/3 に発生。
  • 跳躍の着地時の衝撃とひらめ筋の収縮による負荷が原因。

     

    復帰目安 跳躍型 12ヶ月

    疾走型 23ヶ月

 

ジョーンズ骨折

 

  • 5中足骨の近位部の疲労骨折。

  • サッカー選手に多い。

  • 通常ならば1本の血管がつながっているのに対し、第5中足骨は、3つの血管が走行していて、血管が合流する部分に骨折が生じるため骨が癒合しにくく、難治性となる。

 

足舟状骨疲労骨折

 

  • 陸上競技中長距離選手に稀に発生。

  • その多くは難治性である。

  • 不完全骨折や転位のない早期の骨折であれば、 6~8週間のギプス固定と免荷が原則で、このような保存療法で約80%が治癒する。

  • 活動性の高いスポーツ選手では保存療法を行っても再発する事が多く、復帰にも時間がかかるため、観血的な治療(手術)も選択される。
    手術後から競技復帰までは3か月以上かかる。


コメントをお書きください

コメント: 43
  • #1

    ATHLETE HOUSE (木曜日, 23 7月 2015 22:06)

    ケガや治療、リハビリなどについてご質問があれば、お気軽にコメントして下さい!
    少しお時間いただきますが、お返事させていただきます♪

  • #2

    rikujyou.tako (金曜日, 31 7月 2015 19:59)

    私は陸上の短距離(ハードル)をやっています。大会中に足首の舟状骨骨折をし、手術をしました。松葉杖もとれ歩けるようになったのですがまだ足首が痛みます。早く復帰して走りたいのですが何ヶ月くらいかかりますか?そして、この足首の痛みはとれますか?
    学校行事に参加できずに楽しいことがひとつもありません。コメントお願いします。

  • #3

    ATHLETE HOUSE (木曜日, 20 8月 2015 23:25)

    rikujyou.tako様

    返信遅くなり申し訳ありません。

    手術後から復帰するまでは3か月以上かかると言われています。
    足首の痛みは次第に軽快してくるかと思いますが、適切なリハビリをせずに復帰してしまうと再び痛みが出てくる可能性が高いので
    注意が必要です。

    スポーツ整形等でリハビリをうけることをおすすめ致します。

  • #4

    hirat (火曜日, 13 10月 2015 03:53)

    ランニング中に右脚の腓骨の1/3上(正に跳躍型の箇所)を骨折しました。約1ヶ月の安静と、超音波のリハビリを勧められ、痛みが出ない範囲なら歩いても良いと言われたのですが、自転車(ロードバイク)は大丈夫でしょうか。(90分くらいでは痛みは出ませんでした)

  • #5

    ATHLETE HOUSE (水曜日, 14 10月 2015 07:17)

    hirat様

    こんにちは

    ロードバイクに乗る事は痛みが出ない範囲なら良いとは思いますが
    スピードを上げる為にペダルを強く踏み込んだり、長時間の走行は
    リスクがあるのでまずはスローペース、短時間(15~30分)で
    乗ってみてはいかがでしょうか。
    あとバイクの乗り降りの際は十分注意して下さいね。
    お大事にして下さい。

  • #6

    いちご (金曜日, 22 1月 2016 05:40)

    こんにちは。
    体重をかけると足の甲が痛く病院に行ったところレントゲンを撮り舟状骨の疲労骨折と診断されました。固定は必要なのでしょうか。

  • #7

    ATHLETE HOUSE (水曜日, 27 1月 2016 20:04)

    いちご様

    こんにちは
    足の舟状骨疲労骨折は、まず患部の安静を図るために固定が必要です。
    舟状骨は骨癒合しにくいので最初は安静にし、医師の許可が出てからしっかりとリハビリをしていくことが重要です。
    お大事にして下さい。

  • #8

    るか (水曜日, 23 3月 2016 11:02)

    こんにちは。
    ランニング中に右脚の腓骨の下1/3の部分(疾走型部分)を疲労骨折しました。
    現在、超音波治療とお灸治療を行っていますが、約4週間経つ今も痛みがとれません。
    本当に良くなるのか、大体いつ頃万全な状態で部活に復帰できるのかとても心配です。

  • #9

    ATHLETE HOUSE (月曜日, 28 3月 2016 08:32)

    るか様

    こんにちは

    腓骨疲労骨折(疾走型)は程度にもよりますが復帰するには2~3か月かかると言われています。
    4週間経つ今も痛みがとれないということですが、骨折した部分は時間の経過と共に骨癒合してきますので次第に軽快してくるかと思います。
    ただ、骨折したことにより周りの筋肉や腱が硬くなり痛みが出ている可能性もあるのでふくらはぎのマッサージや鍼治療なども試してみると良いかもしれません。

    万全な状態で復帰するためには休養期間にできるだけ体力を落とさないことと、患部のリハビリをしっかりとする事が重要です。
    左脚や体幹、上半身などは鍛えることができますしスイミングなどで持久力を鍛えることもできます。
    患部のリハビリの進め方については専門家の指導を受けることをお勧め致します。

    しっかりとリハビリをすると必ず良くなります。
    頑張ってください!

  • #10

    りんご (火曜日, 12 7月 2016 08:09)

    恥骨の疲労骨折なんですが良いリハビリ方などを教えてください

  • #11

    ATHLETE HOUSE (土曜日, 23 7月 2016 03:24)

    りんご様
    こんにちは

    恥骨疲労骨折の発症原因は股関節の動きの悪さや、内転筋や腹筋の硬さ、お尻の筋肉の弱さ、上半身と下半身の連動性の低下などで生じることが多いです。
    なのでリハビリとしては上記のような体の状態を改善するためのメニューを行うことが多いですがリハビリの方法は、
    疲労骨折の重症度や現在のりんご様の体の状態を診て決める必要があります。
    間違ったリハビリをすることによって症状が悪化することもあるので、やはり専門家の指導のもとリハビリを受けることをお勧めいたします。

  • #12

    マット (金曜日, 23 9月 2016 00:06)

    脚の膝を疲労骨折しました。
    そこで約2ヶ月安静しました。
    あさって走ろうと思っているのですが、治っているか心配です。
    もう少し安静にするべきでしょうか?
    最初はどのくらい距離をはしっていいのでしょうか?
    教えて貰えると嬉しいです。

  • #13

    ATHLETE HOUSE (月曜日, 26 9月 2016 02:21)

    マット様
    こんにちは

    疲労骨折の安静期間は部位や重症度によって変わってきます。
    まずは医療機関で検査を受け疲労骨折部が完全に骨癒合してるかを確認してからランニングを開始するのが良いかと思います。
    また、ランニングを開始する際もまずは短い距離のジョギングなどから始め、徐々に距離とスピードを上げていくことをお勧めします。
    お大事にしてください。

  • #14

    バボ (火曜日, 15 11月 2016 22:36)

    こんにちは。
    左足の舟状骨疲労骨折で7月にスクリューをいれる手術をしました。9月までは経過が良好でしたが10月のCTでは疲労骨折とは違う場所に亀裂が入り、11月のCT、MRIでは骨壊死の可能性があるといわれました。二週間ギプスをして様子をみて、治療方針を決めると言われました。壊死していたら手術しかないでしょうか?高校二年生でバレー部です。復帰は難しいでしょうか?

  • #15

    ATHLETE HOUSE (水曜日, 23 11月 2016 21:58)

    バボ様
    こんにちは

    骨壊死していればやはり手術が必要です。
    手術後にしっかりとリハビリをすれば復帰することは可能かと思います。
    ただ安静期間があると足以外の筋力も低下してしまうので積極的に患部外トレーニングを行う必要があります。
    競技復帰をするためには足以外の部分の機能を低下させないことが重要です。
    疲労骨折をおこしたということは、何か原因があるはずです。
    練習環境などの問題もありますが、筋力や柔軟性などの身体的な問題が多いように感じます。
    特に舟状骨疲労骨折を発症する選手は股関節や足首の硬さ、お尻の筋力の弱さがある選手が多いと言われています。
    上記のような疲労骨折の原因となる身体的な問題をリハビリで改善することが非常に重要です

    専門家のもとで治療、リハビリを受け安全に競技復帰できることを願っています。

  • #16

    らん (水曜日, 04 1月 2017 02:40)

    脛骨疲労骨折(疾走型)と9月に診断されて、2ヶ月走らず、痛みもなくなったため、12月からまた走り始めました。少しずつメニューを増やすようにしていて、アイシングも忘れずにやるようにしました。それでも、また足が痛くなってきて、今はまた走れていません。鍼治療をしているのですが、正直効果があるのかわかりません。
    どうすれば、早く治りますか?どんな治療が効果的ですか?
    走らないと体力も落ちてきて練習に復帰するのも不安です。
    なにかアドバイスなどいただけるとうれしいです!

  • #17

    てい (木曜日, 05 1月 2017 19:18)

    野球をしていて尺骨が疲労骨折を起こしていて投球ができないのですが完全治癒から競技復帰までどれくらいかかりますか?
    あと、素振りはしても大丈夫でしょうか?

  • #18

    ATHLETE HOUSE (水曜日, 11 1月 2017 00:15)

    らん様
    こんにちは

    2か月の安静後に走り始め再び痛みが出てきているのですね。
    そのような場合は、積極的なリハビリテーションをおすすめ致します。

    リハビリの内容と目的は、筋力や可動域を向上させ脛骨やふくらはぎにかかるストレスを減らすことです。

    具体的には、臀部や体幹の筋力トレーニングや足首の可動域を上げることです。
    臀部(特に中殿筋)の弱さはランニングの、足を接地する際に骨盤を不安定にするので、ふくらはぎや脛骨にストレスがかかります。
    足首の可動域の悪さはふくらはぎやすねの筋肉を硬くするので足首の可動域訓練が必要です。

    また扁平足などがあると脛骨やふくらはぎにストレスがかかるので、インソールなどで足底のサポートが必要になる場合もあります。

    復帰後に痛みが再発するときは、上記のような筋力や可動域などに問題があることが多いです。
    これらの問題を解決することによって再発のリスクを下げることができるかと思います。

    リハビリのメニューはこちらの動画を参考にしてください。
    https://www.youtube.com/watch?v=SzRkvY5Ii14
    https://www.youtube.com/watch?v=jvbF6TkHDxU
    https://www.youtube.com/watch?v=dBUDAHkH8S0
    https://www.youtube.com/watch?v=bjBGKGI4p9E
    https://www.youtube.com/watch?v=J0x8r1MtA_8

  • #19

    ATHLETE HOUSE (水曜日, 11 1月 2017 00:29)

    てい様
    こんにちは

    完全に骨癒合が完了していれば、段階的に復帰していき1~2か月で完全復帰できるかと思います。
    ただピッチングフォ―ムなどが原因でおこった疲労骨折ならば、フォ―ム修正のリハビリを行ってから復帰したほうが再発のリスクを下げることができます。
    素振りは骨癒合完了後であれば大丈夫ですが、いきなりたくさん振り過ぎないよう注意して下さい。

    お大事にして下さい。

  • #20

    櫻葉 (土曜日, 21 1月 2017 19:28)

    こんにちは。私は中学一年です。バスケ部なのですが1ヶ月前から左足の甲が痛いです。顧問の先生にも親にも相談できなく困っています。どうすればいいでしょうか。アドバイス宜しくお願いします

  • #21

    ATHLETE HOUSE (月曜日, 23 1月 2017 02:53)

    櫻葉様
    足の甲の痛みが続いているようですが、心配なのは中足骨の疲労骨折です。まずは状態をしっかり把握することが大切ですので、保護者の方に足の事を伝えて医療機関を受診して下さい。
    疲労骨折がなければ練習はある程度続けることも可能ですが、骨にダメージを受けている場合は無理は禁物です。
    疲労骨折でなかった場合は足の筋肉や腱、関節の痛みかと思うので、すねからふくらはぎ、足の裏の筋肉のストレッチやマッサージ、テーピング(足底アーチをサポートするテーピング)が有効です。下記の動画ページから参考にして下さい。
    ただしセルフケアで対処できるケガかどうかを見極めてもらう事がまずは大切ですので、必ず専門家に診てもらって下さい。

    https://athletehouse.jimdo.com/セルフケア-テーピング動画/

  • #22

    ぴっぴ (木曜日, 02 3月 2017 08:01)

    こんばんは。
    私は2週間前に右足の舟状骨疲労骨折の手術をしました。まだ松葉杖です。陸上競技で400mをやっています。4年前に一度診断され、保存療法をしながらリハビリに1年ほど通っていましたが、去年の夏に再発しました。片足でバランスをとることが全然できないのですが、それもこの怪我の原因の1つなのでしょうか?また、どのようなリハビリをしていけばいいのでしょうか?

  • #23

    ATHLETE HOUSE (金曜日, 17 3月 2017 19:17)

    ぴっぴ様

    返事が遅くなり申し訳ありません。
    片足でのバランスが悪いことは、原因の一つとして考えられます。また片足でバランスよく立つことは、舟状骨に限らずその他のケガの予防のためにも必要な事なので、しっかりと改善させておくべきです。
    リハビリはお尻の筋力強化と固有感覚(足のバランス感覚)の向上を目的としたメニューをおこなってみて下さい。
    ただし手術後ですので、リハビリの担当者さんと相談しながら必ず痛みのでない範囲でおこなうようにして下さい。

    まず最初のお尻の強化は↓
    https://www.youtube.com/watch?v=SzRkvY5Ii14
    さらにスクワットやランジ、さらに強くなったらブルガリアンスクワットやジャンプスタビなど段階をみて上げていきます。↓
    https://athletehouse.jimdo.com/テーピング-セルフケア動画/

    固有感覚の鍛えるには片足立ちをいろんな状態で訓練することが必要です。
    おおまかな段階としては(1セット 30~60秒)
    目をあけて普通に片足立ち→目をつぶって→バランスディスクなど不安定な物の上で→手や反対の足を動かしながら

    無事ケガを克服して競技に復帰出来ることを願っておりますので、リハビリ頑張って下さい。

  • #24

    べべちゃん (日曜日, 26 3月 2017 22:03)

    こんにちは
    私は高校1年生で陸上競技の長距離(1500m、3000m)をしています
    右足の腓骨(くるぶしから約5cm上、疾走型)が痛くなり病院に行ったところ腓骨疲労骨折と診断されました
    3週間は走っては行けないと言われたのですがもうシーズンも始まり2ヶ月後には大事な試合があります
    それまでに復帰することが目標ですがすこしでもトレーニングしておきたいと考えてます
    私は今までで中足骨疲労骨折を経験してます
    その時は水泳トレーニングで泳いでいたのですが今回も水泳トレーニングをしてもいいのでしょうか?
    今は歩くだけで痛いです
    水泳をしてはだめだと言うことなら違うリハビリ方法を教えていただきたいと思ってます
    よろしくお願いします

  • #25

    ATHLETE HOUSE (金曜日, 07 4月 2017 02:52)

    べべちゃん様
    こんにちは

    お返事が遅くなり申し訳ありません。
    水泳トレーニングは心肺機能を維持するのにとても良いので積極的に行なうと良いかと思います。
    ただ水中歩行、走行などは地面に足を着くときに多少腓骨に負担がかかってしまうので、足を使わずに上半身のみを使った平泳ぎ、クロール、背泳ぎなどのほうがより安全に行えます。

    また水中トレーニング以外にも陸上での患部外トレーニングに取り組むことによって筋力の低下をふせぐことができます。
    具体的なエクササイズとしてはこちらの動画を参考にしてください。
    https://www.youtube.com/watch?v=SzRkvY5Ii14
    ↓このエクササイズは歩行時の痛みが消失してからおこなって下さい。
    https://www.youtube.com/watch?v=jvbF6TkHDxU
    https://www.youtube.com/watch?v=J0x8r1MtA_8

  • #26

    なな (水曜日, 17 5月 2017 08:42)

    卓球をしています
    腰が痛く、骨を押された際、強い痛みがあり、検査を受けました
    しかし、疲労骨折などありませんでした
    どうすれば治りますか?

  • #27

    ATHLETE HOUSE (木曜日, 18 5月 2017 07:37)

    なな様
    こんにちは
    もう少し詳しく、どのような動きで痛みがでるのか、腰に痛みが出たきっかけ、考えられる原因など教えていただけますでしょうか?卓球をされているようなので体をひねる動きが腰の負担になっているのかもしれません。
    もう少し情報があれば力になれるかと思います。
    お時間ある時によろしくお願いします。

  • #28

    なな (金曜日, 19 5月 2017 22:39)

    こんにちは
    返信ありがとうございます
    捻る、反る、中腰などで痛みが出ます
    運動してる時や長時間座ったり立ったりする時も痛いです
    痛みが出たきっかけはよくわかりません、すみません
    多分という捻る動作が負担になっていると思います
    このままだと疲労骨折につながるとも言われました

  • #29

    りり (月曜日, 22 5月 2017 09:15)

    私は4回も疲労骨折をしていて右足が疾走タイプA、左足が疾走型と疾走タイプB2回しました。部活はハンドボールです。走りが多くシンスプリントとからいつも疲労骨折になります。今も疾走タイプBが疲労骨折で治ったと思ってやっても痛くなって休んでの繰り返しです。どうしたら治るのでしょうか。難治症なのでしょうか。返信待ってます。

  • #30

    ATHLETE HOUSE (月曜日, 22 5月 2017 22:00)

    なな様
    捻る、反る動きで痛みが出るということは、その動きが腰にとって過剰なストレスになっているのかもしれません。
    本来、体を反る動きや捻る動きというのは胸椎や肋骨、股関節で多く作り出さないといけません。
    腰では反る、捻る動きは最小限に抑えなければならないのですが、胸椎(背骨の胸の部分)や肋骨、股関節などの動きが悪くなってくると、これらの部位の動きを腰で代償してしまい腰に過剰なストレスがかかる原因になってしまいます。
    卓球中の姿勢はやや背中を丸めて行なう選手が多い印象があります。
    このような姿勢で長時間プレーしつ続けると肋骨や胸椎などが硬くなってしまい捻る動きなどを腰で代償してしまう可能性が高いです。
    なので卓球をされている方は普段から股関節や肋骨、胸椎などの動きが悪くならないようにケアしておくことで腰痛を予防、改善することができると考えています。

    ただし、なな様の体の状態を直接診ていないので詳しい腰の状態まではわかりません。
    腰痛になった原因を突き止め、治療していく事が重要です。
    一度専門家による治療を受けることをお勧め致します。
    また腰痛には鍼灸治療なども効果的です。機会があれば一度試してみて下さい。


    股関節の柔軟性向上エクササイズはこちらの動画を参考にしてください。
    https://www.youtube.com/watch?v=8TXQxYlAHzI
    胸椎、肋骨の柔軟性向上エクササイズはこちらの動画を参考にしてください。
    https://www.youtube.com/watch?v=bgoVP8__fqQ

  • #31

    ATHLETE HOUSE (木曜日, 25 5月 2017 06:19)

    りり様
    こんにちは

    4回も疲労骨折をしているのですね。
    まずは、疲労骨折を繰り返してしまう原因を考えていきましょう。
    疲労骨折部は安静にしていれば確実に良くなりますが、何度か繰り返すということは脛骨に過剰なストレスがかかりやすい体の状態になっていると考えられます。

    脛骨に過剰なストレスがかかる原因として考えられるのは扁平足とお尻の筋肉の弱さです。
    このどちらか、あるいは両方があると疲労骨折部が治っても練習を再開すると、また脛骨に同じようにストレスがかかるのでまた疲労骨折を繰り返してしまいます。

    このように筋力や足部の形状が原因の場合は安静にしてるだけではどんどん筋力低下していき、さらに脛骨にストレスがかかりやすくなってしまいます。
    安静期間にどれだけ、これらの体の状態を改善させることができるかが再発予防に重要なので、しっかりとリハビリ・トレーニングを行いましょう!
    ただ、やみくもに鍛えるだけではだめです。現在の身体の状態を把握した上でトレーニングしていく事が非常に重要です!
    やはり専門家の指導のもとリハビリ・トレーニングを行うことをおすすめ致します。

  • #32

    なぎさ (金曜日, 16 6月 2017 06:39)

    私は1ヶ月前に薬指を疲労骨折して今は松葉杖も取れて普通に歩いていいと言われました。体育でクロールがあるのですがバタ足はやらないほうがいいですか?

  • #33

    なな (土曜日, 17 6月 2017 08:56)

    マラソンをしています。先日、大腿骨の頸部疲労骨折をしました。
    今は、全ての禁止と言われていますが、最低限できるトレーニングはありますか?

  • #34

    ATHLETE HOUSE (火曜日, 20 6月 2017 03:16)

    なぎさ様
    こんにちは

    現在の疲労骨折の状態と、体の状態を診てみないとわかりません。
    水中は足にかかる負担が少ないので比較的安全ですが、疲労骨折部の状態が悪ければバタ足も禁止した方がよい場合もあります。
    どの程度の運動ができるか、担当の医師に聞いてみると良いと思います。
    お大事にしてください。

  • #35

    ATHLETE HOUSE (火曜日, 20 6月 2017 04:59)

    なな様
    こんにちは

    全ての禁止と指示されているのなら今は患部外トレーニングもしない方が良いかと思います。
    疲労骨折部が骨癒合してきて、医師からの許可が出れば水中トレーニングなどからはじめてみてはいかがでしょうか。
    安静中の体力低下が心配だとは思いますが、疲労骨折が治癒してからしっかりとトレーニングをすれば取り戻せます!
    まずは疲労骨折を治癒させることを優先していきましょう。

    お大事にしてください。

  • #36

    WR (水曜日, 28 6月 2017 21:31)

    大学でサッカーをしています。
    2月にジョーンズ骨折の手術を行い5月に復帰しましたが、少しまだ痛みが出ています。
    インソール作成、立ち方などの姿勢矯正、セルフケアなどは行なっているのですがその他に効果的なケアやトレーニングがありましたら教えてください。
    よろしくお願い致します。

  • #37

    ATHLETE HOUSE (火曜日, 04 7月 2017 06:20)

    WR様
    こんにちは

    ジョーンズ骨折の再発予防に重要なのは、ステップや切り返しの動きを正しく行えているかしっかりとチェックすることと、正しい動きができるだけの筋力と柔軟性が十分に備わっているかです。
    左右のステップや切り返し時に、体が外側に流れてしまったり、足の外側に過度に体重がかかってしまうような動きはジョーンズ骨折の原因になってしまいます。
    これらの動きを改善していく事が再発予防と現在の症状の改善に重要と考えます。

    具体的なトレーニングとしては、色々とありますが唯一あげるとすればランジ系種目が良いかと思います。
    ランジ系種目を正しいフォ―ムできっちり行えるようになれば、安全なステップ、切り返し動作につなげることができるからです。

    もし可能ならば、メディカルトレーナーなどの専門家からトレーニング指導を受けることをおすすめ致します。

  • #38

    YE (日曜日, 09 7月 2017 01:35)

    こんにちは
    私はソフトボールのピッチャーをしています。
    1週間前に右尺骨疲労骨折と診断されました。
    主治医の先生にはスポーツをしちゃダメと言われたのですが引退が近いので球数を減らして練習しているのですが痛みが引けていてあまり痛くありません。でも腕を机の上におくとボコッとしていて痛いのですがそれは何なのかわかりません...

  • #39

    ATHLETE HOUSE (水曜日, 12 7月 2017 21:20)


    YEさん
    こんにちは

    ボコっとしているものが何なのかは直接診てみないとわかりませんが、もしかすると疲労骨折部が腫れていて当たると痛いのかもしれません。
    疲労骨折中にスポーツを続けることはおすすめできませんが、しっかりとケガの状態を自身で理解する事と今後どのようなリスクがあるのかを理解しながら行うことが重要かと思います。
    お大事にしてください。

  • #40

    翔平 (火曜日, 25 7月 2017 21:36)

    こんにちは
    右尺骨疲労骨折をしているのですがリハビリはどんな事をするのですか?

  • #41

    半田 (木曜日, 24 8月 2017 03:16)

    右足舟状骨の疲労骨折手前と言われました。(MRIの白さが疲労骨折程濃くないことから、手前)
    大事な試合も近いため(中長距離)松葉杖をついて負荷をかからないようにはしているのですが、固定もする必要はあるのでしょうか?
    4週間後にもう一度MRIを撮ると言われましたが、疲労骨折までいっていないのに治るまでそのくらいかかるのでしょうか。

  • #42

    ATHLETE HOUSE (木曜日, 31 8月 2017 08:28)

    半田様

    舟状骨の疲労骨折は難治性の為慎重になるべきかと思います。疲労骨折を発症すると復帰するまでに2~3ヶ月程かかります。
    これから疲労骨折を進行させないためにも固定が必要な場合もありますが、固定することで筋力や感覚などが低下してしまうというデメリットもあるので、現在の状態を実際に診てもらい判断した方が良いかと思います。一度担当の医師に相談してみてはいかがでしょうか。
    疲労骨折にいたっていない状態でも、4週間程度かかることはあります。不完全な状態で復帰してしまうと痛みを長引かせてしまうので、画像診断の結果をみながら慎重に進めていくことが良いかと思います。
    お大事にしてください。

  • #43

    ATHLETE HOUSE (木曜日, 31 8月 2017 08:30)

    翔平さん

    こんにちは
    お返事が遅くなり申し訳ありません。
    尺骨疲労骨折をすると前腕や上腕の筋力や肩、肩甲骨周囲の筋力が落ちてしまうので、低下した筋力を向上させるための筋力トレーニングを行うことが多いです。
    野球選手で、投球動作が疲労骨折の原因になってる場合は投球フォ―ムの修正などもしていきます。